--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.1020:35

7段

回避できるラスをいっぱい引いたまま7段になってしまった。
段位ポイントの期待値のみの押し引きシステムを構築しだして一ヶ月。
計算したいところ分からないところをいっぱい残したまま。
麻雀わからない。まだまだ基本もできてない。
鳳凰じゃ今の麻雀は通用しないかもしれないけど、
もしそうだったら改良を重ねて絶対に特で8段になってやろうと思う。
後者はすこし自信がある。





あたいが7段になれたのは
バシバシイーシャン押ししてたところを、厳しくも親身になって叱ってくれ、改心させてくれて。
押し引き初心者のとっくに誰でも知ってるような気づきに、
優しく耳を傾けてくれた歴代で300試合以上特上のラス率ランキング10位のリグル先生。

あたいのつまらない麻雀をよく観戦してくれ、
質問してくれたり応援してくれたり褒めてくれた式にゃん(次はあなたが7段ね!)。

ぐちをきいてくれたり、あたったりしちゃった大ちゃん(ごめんね!)。

ほんとにこの3人のおかげだ。誇張無しに9割くらい。
一生感謝します!これからも見捨てないでね!
(次に麻雀打つのは3月になるけど)


昔のあたいにいいたかったこと。←これを読めば7段ね!
東1を収支で打たない。東2,3を順位で打たない。1打目から最終打までポイントで打て。
ピンフは即リー愚形ドラ1は即リーみたいな怪しいセオリーに捕らわれない。セオリーに反した選択に抵抗を感じない。
当然シャンテン押しはしない。親だから押し、ラスだから押しも同様。
オーラス3万点持ちなんかを無意味に目指さない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。